深田サルベージ建設株式会社

  • ホーム
  • 事業紹介
  • 会社情報
  • 所有船舶
  • 技術と品質
  • 採用情報
  • お問い合わせ

> 技術と品質 > 海上輸送監視システム

海上輸送監視システム

構造物輸送時状態モニタリングシステムの概要

本システムは、無人台船で輸送される物件の状態を監視するためのもので、物件に作用する外力をモーションセンサーで計測し、データを曳船に送信することによってパソコン上での物件の状態を監視し、安全に搭載した物件を目的地まで輸送するための監視システムです。
また、すべてのデータは曳船の通信設備を使用して、陸上でもリアルタイムに監視することができるので緊急時には同じ情報を確認しながら対応することが可能です。

 資料をダウンロードする(PDF:1.15MB)



機器名 形式・仕様 数量 備 考
D-GPS受信機 受信機 2 曳船・台船に設置
光ファイバージャイロ IXSEA社 OCTANS
(3軸ジャイロ+モーションセンサー)
1 構造物上に設置
3軸角度センサー 3DM-GX1 1 曳船・台船に設置
データ伝送装置 無線LAN送受信機 2  
監視用PC OS:WindowsXP 1 曳船・台船に設置
船陸間通信装置 船舶用インターネット接続装置
(2.4Mpbs)
2 曳船・台船に設置

計測項目

計測項目 計測箇所 計測内容
自船位置 曳船・台船の現在位置 据付位置までの距離をGPS
で計測
台船状態 台船の船首方位、トリム・ヒール角 3軸角度センサーで状態を
計測
構造物作用加速度 構造物に作用する加速度 構造物の運動量
(動揺、加速度)を計測

輸送管理システム概要図


モニタリングのシステムのフロー